明石ほんまち三白館

お問い合わせはお電話で 078-911-0389 (午前11時30分~午後8時)

三白館とは

時代劇、人情芝居、殺陣、女形に花魁ショー・・・
大衆演劇では、一ヶ月間一つの劇団が本格的な芝居や華やかな歌謡舞踊ショーを
まいにち日替わりで上演。劇団は月替わりでお楽しみいただくことができます。
地元の方々はもちろん、遠方からもたくさんのお客様にお越しいただています。
大衆演劇ははじめてという方も大歓迎!華やかな舞台を一緒に楽しみましょう。

三白館の歴史

大正時代、「魚の棚」にやってくる買物客が、ちょいと息抜きできる寄席や映画館が本町通りに次々にお目見えしました。その一つが、寄席の「三白亭三白亭みはくてい」。当時は大変賑わった寄席でしたが、戦後に映画館「本町日活」となり、そして平成27年12月、地方創世・地域活性化の旗印の下、劇場「ほんまち三白館」としてリニューアルいたしました。
三白館の歴史

地域活性化の新名所として

三白館は、明石の地域活性化事業として、本町商店街振興組合が劇場施設を設置し、
地元のNPO法人ダッシュ明石に劇場運営を委託しています。
主に大衆演劇の興行を行っていますが、地域の方々には貸し会場として利用頂けるようにしています。

この構想は平成25年度から持ち上がり、色々な方々のご協力や支援を賜りながら
下記のような過程を経て、実現することができました。

  • 1. まず、本町商店街が「本町日活」家主との間に賃貸借契約を締結。映画館として使用されていた
    建物を借り受けました。
  • 2. 施工業者を選定し、劇場として使用するための改装に着工。
  • 3. ダッシュ明石に「ほんまち三白館」の営業や施設管理についての運営を委託する契約を締結。
  • 4. 毎月の大衆演劇興行において、魅力ある劇団を確保する為、プロモーターとの斡旋契約を締結。

>> 明石ほんまち商店街のページへ

明石ほんまち商店街